ごあいさつ

 2013年6月に開院して5年が経過しました。開院当初はホームページには力を入れず、口コミでどこまで診療をしていけるのか、どのような患者様が来院してくださるのか興味がありました。5年たった今、想像より多くの患者様が来院してくださりいつも感謝しております。

 開院当初はインターネットのアクセス数を見ながら様子を見ておりましたが、最近では多くの患者様がホームページあるいはフェイスブックを閲覧されているようです。

 当院の特色といいますか、院長である私、原田の得意な分野を少しご紹介したいと思います。

 開業前は北九州市の折尾にある産業医科大学に勤務しておりました。前教授の田原昭彦教授のもとで主に緑内障の診療をしておりました。専門は緑内障ということになりましょうか。現在も多くの緑内障患者様が当院へ来院されていますが、いつも心がけているのは緑内障診療では早期発見が大事だということ、つまり初診の自覚症状のない方でも視神経に異常がないか、緑内障専門医の眼でいつも観察しています。手術も日帰りで可能な場合は行っています。

 もう一つ、私のライフワークと言いますか得意な分野は、特に難しいと言われる白内障、落屑症候群を有する白内障です。近年では手術機械が進歩して手術時間は非常に短くなっています。ほとんどの症例は短時間の手術で対応できると思います。しかし、中には難しい症例も存在することは一般的にはまだあまり知られていないかもしれません。私の業績の中にもありますが、落屑症候群では水晶体が脱臼している確率が通常より高いということを知っておいても良いかもしれません。

 その他、略歴の通りですが、大学勤務を15年間経験しており、一通りの眼科疾患に精通しているつもりです。当院を受診された患者様にはご安心して診察を受けられるよう努力してまいります。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

院長 原田 行規 

 日本眼科学会認定眼科専門医、医学博士

略歴

 平成元年 福岡県立東筑高等学校卒業

 平成10年 産業医科大学医学部医学科卒業

 同年   産業医科大学眼科学教室入局

 平成13年 北九州市立若松病院 眼科

 平成14年 北九州市立若松病院 眼科医長

 平成15年 産業医科大学 眼科

 平成16年 新潟労災病院 眼科医長

 平成17年 産業医科大学 眼科助教

 平成20年 三菱三原病院 眼科医長、

  三菱重工業紙印刷機械事業部 専属産業医

 平成22年 産業医科大学 眼科助教

 平成25年 学位取得

 同年   原田眼科開設

所属学会

・日本眼科学会

・日本緑内障学会

・日本白内障屈折矯正手術学会

・日本網膜硝子体学会

・日本眼科手術学会

・The Association for Research in Vision and Ophthalmology

業績

著書

 

原田 行規:落屑症候群に対するcapsular tension ring挿入法

眼手術学 5.白内障, 編集:大鹿 哲朗

文光堂, 411-416, 2012

 

原田 行規:Ⅲ. 前房・隅角・水晶体 落屑症候群でZinn小帯が弱いのはなぜか?.

眼のサイエンス 眼疾患の謎  (編者:根木 昭,田野 保雄,大橋 裕一,坪田 一男,大鹿 哲郎)

文光堂:1141152010

 

 

総説論文

原田 行規:前嚢収縮抑制を目的としたCTR挿入.

眼科手術,231):47502010

 

原田 行規: [眼内レンズセミナー]落屑症候群における水晶体嚢拡張リング.

あたらしい眼科,249):1193—11942007

 

 

原著論文

 

原田 行規:落屑症候群の白内障手術
福岡県眼科医会報, 2183-8, 2011

 

Harada, Y., Hirose, N., Kubota, T., Tawara, A.: The influence of central corneal thickness and corneal curvature radius on the intraocular pressure as measured by different tonometers: Noncontact and Goldmann applanation tonometers.

Journal of Glaucoma17(8):619-625, 2008.

 

原田 行規,伊比 健児,広瀬 直文,田原 昭彦,松野 康二,横田 健司: 長期に眼内鉄片異物が存在したが網膜機能が良好であった眼鉄錆症の1例.
臨床眼科,55(6)128512892001

 

 

テレビ出演

田原 昭彦,久保田 敏昭,原田 行規,山下 美恵,井上 久美: 「緑内障」

とっても健康ランド,317日,2007

 

 

発表

2013

原田 行規,田原 昭彦:後房レンズ虹彩縫着術の検討

36回 日本眼科手術学会総会,1月,福岡

 

原田 行規,永田 竜朗,新井 三樹,田原 昭彦:FocalSeal®を用いて濾過手術を行った家兎眼の組織学的検討

117回 日本眼科学会総会,4月,東京

 

Yukinori Harada, Tatsuo Nagata, Mikki Arai, Akihiko Tawara : Investigation of the filtration surgery with FocalSeal® in rabbit’s eyes

ARVO Annual Meeting 2013, 5月,Seattle

 

2012

原田 行規, 永田 竜朗, 新井 三樹, 田原 昭彦:FocalSeal®併用Trabeculectomy.

1回 福岡緑内障研究会, 3, 福岡

 

原田 行規:落屑症候群に対する白内障手術

46回 クリアクラブ, 6, 北九州

 

原田 行規, 永田 竜朗, 新井 三樹, 田原 昭彦:家兎へのAbsorbable Polyethylene Glycol Based Synthetic Hydrogel (FocalSeal®)を用いた線維柱帯切除術
23回 日本緑内障学会, 9, 金沢

 

原田 行規, 田原 昭彦:後房レンズ虹彩縫着術の4
33回 産業医科大学眼科研究会, 11, 北九州

 

2011

原田 行規, 田原 昭彦超音波チップの軸および超音波発振方式の違いによる超音波水晶体乳化吸引術の角膜内皮細胞に対する影響
50回 日本白内障学会総会,26回 日本白内障屈折矯正手術学会総会, 6, 福岡

 

2010

原田 行規:特別講演 CTRと前嚢収縮.

27回 長崎県央・中地区眼科勉強会,7月,諫早

 

原田 行規,田原 昭彦:Low Power Torsional超音波発振を用いたBimanual Phaco Surgery

33回 日本眼科手術学会総会,1月,東京

 

2009

原田 行規:水晶体嚢拡張リングCapsular Tension Ringは前嚢収縮を抑制できるか? シンポジウム

48回 日本白内障学会総会,第24回 日本眼内レンズ屈折手術学会総会,第45回 日本眼光学学会総会,22nd Asia Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons Annual Meeting6月,東京

 

 

原田 行規,平田 亮,田原 昭彦:緑内障眼に対するBimanual Phaco Surgery単独手術の眼圧下降効果.

20回 日本緑内障学会,11月,沖縄

 

2008

Harada,Y.Sohma,R.Kubota,T.Tawara,A.Inhibitory Effect of a Capsular Tension Ring on Anterior Capsule Shrinkage after Cataract Surgery in Exfoliation Syndrome

World Ophthalmology Congress 20086月,Hong Kong

 

原田 行規,平田 亮,久保田 敏昭,田原 昭彦緑内障眼のBimanual Cataract Surgery

78回 九州眼科学会5月,別府

 

原田 行規,平田 亮,久保田 敏昭,田原 昭彦緑内障眼のBimanual Cataract Surgery

35回 福岡大学眼科研究会5月,福岡

 

2007年

Harada, Y.Sohma, R.Tawara, A.: Inhibitory Effect of Capsular Tension Ring on Anterior Capsule Shrinkage in Exfoliation Syndrome After Cataract Surgery

ARVO20075月,Fort Lauderdale

 

原田 行規,相馬 利香,田原 昭彦: 落屑症候群におけるCapsular Tension Ringの前嚢収縮抑制効果

30回 日本眼科手術学会総会 1月,京都

 

2006

Harada, Y.Hirose, N.Kubota, T.Tawara, A.: The influence of central corneal thickness and corneal curvature on intraocular pressure measured by different tonometers; non-contact and goldmann applanation tonometers
ARVO2006
5月,Fort Lauderdale

 

原田 行規,相馬 利香,田原 昭彦: Bimanual phaco surgeryにおける各種潅流フックの特徴.
29回 日本眼科手術学会総会,1月,東京

原田 行規,相馬 利香,田原 昭彦: 落屑症候群合併白内障におけるCapsular Tension Ringの術後前収縮抑制効果

27回 産業医科大学眼科研究会,11月,北九州

 

2005

原田 行規,相馬 利香,田原 昭彦: Bimanual Phaco Surgeryにおける3種の灌流フック使用時の超音波時間.
26回 産業医科大学眼科研究会,11月,北九州

 

2004

原田 行規,廣瀬 直文,田原 昭彦: 角膜厚及び曲率半径が非接触式眼圧計とGoldman圧平式眼圧計の
測定値におよぼす影響.

58回 日本臨床眼科学会,11月,東京

 

2002

Harada, Y.Hirose, N.Itoh, K.Nishio, Y.Oginosawa, M.Tawara, A.: Expression of matrix metalloproteinases and their natural inhibitors in anterior segment of normal and nipradilol treated rat eyes
XVth ICER
10月,Geneva

 

原田 行規: ニプラジロール点眼がラット前眼部の細胞外マトリックス代謝酵素(MMPs,TIMPs)に及ぼす影響についての免疫組織学的研究.
ハイパージールコーワ点眼液発売3周年記念講演会,9月,福岡

 

原田 行規: ニプラジロール点眼液がラット前眼部の細胞外マトリックス代謝酵素(MMPs,TIMPs)に及ぼす影響についての免疫組織学的研究.

1回 KMOカンファレンス,11月,北九州

 

原田 行規,廣瀬 直文,西尾 陽子,荻ノ沢 美穂子,田原 昭彦: ラット正常隅角におけるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMPs)と そのインヒビター(TIMPs)の免疫組織学的局在.
106回 日本眼科学会総会,5月,仙台

原田 行規,廣瀬 直文,伊東 健,荻ノ沢 美穂子,田原 昭彦: ニプラジロール点眼がラット前眼部の細胞外マトリックス代謝酵素MMPs,TIMPsに及ぼす影響:免疫組織学的検討.

13回 日本緑内障学会,9月,横浜

 

原田 行規,廣瀬 直文,西尾 陽子,荻ノ沢 美穂子,田原 昭彦: ラット正常隅角におけるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMPs)とそのインヒビター(TIMPs)の免疫組織学的局在.
18回 九州緑内障カンファレンス,2月,大分

 

2001

原田 行規,西尾 陽子,廣瀬 直文,荻ノ沢 美穂子,田原 昭彦: ラット正常隅角におけるマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMPs)とそのインヒビター(TIMPs)の免疫組織学的局在.
39回 六大学合同眼科研究会,9月,福岡

 

2000

原田 行規,伊比 健児,広瀬 直文,田原 昭彦,松野 康二: 長期に眼内鉄片異物が存在したが網膜機能が良好であった眼鉄錆症の1例.
54回日本臨床眼科学会,11月,東京

 

原田 行規,伊比 健児,広瀬 直文,田原 昭彦,松野 康二: 長期に眼内鉄片異物が存在したが網膜機能が良好であった眼鉄錆症の1例.

38回六大学合同眼科研究会,9月,福岡

 

原田 行規,伊比 健児,広瀬 直文,田原 昭彦,松野 康二: 長期に眼内鉄片異物が存在した眼鉄錆症の1例.
18回産業医科大学学会,10月,北九州

 

1999

原田 行規, 西尾 陽子, 広瀬 直文, 田原 昭彦: ドライアイ症例の角膜移植に涙点プラグを併用した2例.

20回産業医科大学眼科研究会, 11, 北九州